近代という教養 - 石原千秋

石原千秋 近代という教養

Add: ysoce11 - Date: 2020-12-11 17:41:58 - Views: 8706 - Clicks: 220

「近代」とはいったい何だったのか? ラディカルに近代化を果たさねばならなかった日本では、その文化的側面の多くを「文学」が背負うことになった。役割を担わされた文学は「新しさ」を表出するために進出し続けた。その進化論的パラダイムにとりつかれた時代との格闘が「教養」の. 『近代という教養―文学が背負った課題 (筑摩選書)』(石原千秋) のみんなのレビュー・感想ページです(4レビュー)。作品紹介・あらすじ:「近代」とはいったい何だったのか? 石原千秋(イシハラチアキ) 1955年生まれ。成城大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程中退。東横学園女子短期大学助教授、成城大学文芸学部教授を経て、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。日本近代文学専攻。. 近代という教養 文学が背負った課題 /筑摩書房/石原千秋 (単行本) 中古ならYahoo! 近代教養主義の時代から大衆教育社会へ、入試問題は歴史とともに変容してきた。まさに、「受験国語」は時代を映す鏡なのだ。では、現代の特徴は何か? センター試験、東大、早大などの問題を徹底的に分析し、選択肢問題と記述式問題、評. 本書を読めば、「ラディカルに近代化を果たさねばならなかった日本では、その文化的側面の多くを文学」が背負うことになった。 役割を担わされた文学は「新しさ」を表出するために進化し続けた」という本書見返しにある文章を、なるほどと思うわけで. 筑摩書房 石原千秋. Amazonで石原 千秋の近代という教養―文学が背負った課題 (筑摩選書)。アマゾンならポイント還元本が多数。石原 千秋作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

文学が背負った課題 筑摩選書 0060. イシハラ チアキ. 近代という教養―文学が背負った課題 (石原千秋/筑摩書房)の書評は本が好き!でチェック!書評を書くと献本がもらえる!. 石原 千秋(いしはら ちあき、1955年11月30日1 - )は、日本の国文学者。男性の早稲田大学教授。専門は日本近代文学。目次. 近代という教養の本の通販、石原千秋の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで近代という教養を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは文芸書・エッセイの本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 近代という教養 文学が背負った課題 (筑摩選書) 著者 石原 千秋 (著). 近代という教養 - 文学が背負った課題 - 石原千秋 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. jp: 石原千秋.

『近代という教養 文学が背負った課題』筑摩書房〈筑摩選書 0060〉、年1月。 ISBN。 『 教養として読む現代文学 』朝日新聞出版〈朝日選書 909〉、年10月。. 石原千秋「近代という教養」:47:25 | 読書のススメ 「読者はどこにいるのか」を読んで、その流れで手に取った本。. 近代という教養 : 文学が背負った課題 フォーマット: 図書 責任表示: 石原千秋著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 筑摩書房,. Amazonで石原 千秋の近代という教養―文学が背負った課題 (筑摩選書)。アマゾンならポイント還元本が多数。石原 千秋作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 石原千秋イシハラチアキ 1955年東京都生まれ。成城大学大学院文学研究科博士課程後期中退。東横学園女子短期大学助教授、成城大学教授を経て、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専攻は日本近代文学。. 石原 千秋(いしはら ちあき、1955年 11月30日 - )は、日本の国文学者。 男性の早稲田大学 教授。 専門は日本 近代 文学。. とてもセンシティブなテーマについて書いておきたい。「スカイツリーは日本で一番高い」と言ったとき、無意識のうちに東京タワーと比べて. 1 形態: 269p ; 19cm 著者名: 石原, 千秋(1955-) シリーズ名: 筑摩選書 ; 0060 書誌id: bb1141684x isbn:.

河出ブックス創刊から2週間、おかげさまで早々に重版が決まったタイトルもございます。 さて、今回は、この創刊に際して弊社の『文藝』(年冬号)誌上で行われた、『読者はどこにいるのか』の石原千秋さんと、『検閲と文学』の紅野謙介さんの対談をお送りします。. 1月27日、石原千秋の近代人病 それは、われわれ近代人の誰も、昔の身分制度が厳しかった時代に住みたい、とは思わないことからも明らかだ。 そのせいで、われわれ近代人は、過去の人々の価値観や判断などを、見下しがちだ。. 〒静岡県静岡市葵区両替町 1-1-5 TEL:FAX:静岡県公安委員会許可静中第49114a000010号.

石原 千秋『近代という教養―文学が背負った課題』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。. ご覧いただきありがとうございます。近代という教養‐文学が背負った課題―商品詳細―m 石原千秋 著/筑摩選書/年1月初版第1刷/定価1,600円+税―コンディション―カバー、帯にスレ、上の縁に微ヤケ。. 近代という教養 文学が背負った課題 筑摩選書 - 石原千秋のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 近代という教養 文学が背負った課題 筑摩選書 年 01月- 『こころ』から読みなおす漱石文学 大人になれなかった先生(朝日文庫・増補版). 近代という教養 : 文学が背負った課題 石原千秋著 (筑摩選書, 0060) 筑摩書房,. 1) ・教養として読む現代文学 / 石原千秋著 (朝日新聞出版,. 石原 千秋(いしはら・ちあき)/早稲田大学教育・総合科学学術院教授 【略歴】 1955年生まれ。成城大学文芸学部文芸学科卒業、同大学院文学研究科国文学専攻修士課程修了、同博士課程中退。. 日本の文学にとって近代とは何だったのか? 文学が背負わされた重い課題を捉えなおし、現在にも生きる「教養」の源泉を、時代との格闘の跡にた.

石原千秋が漱石研究において目覚ましい功績を残したことは間違いない。 石原千秋の本を僕は大分読んできた。 ・近代という教養 : 文学が背負った課題 / 石原千秋著 (筑摩書房,. 『近代という教養 文学が背負った課題』(石原千秋 筑摩選書)は、まさに日本の近代文学が始まったころの明治文学を、主には「進化論」*1という、これまた欧米列強に追いつけ追い越せで近代化していった明治の日本を支えたイデオロギーを横に据え. 石原千秋(イシハラチアキ) 1955年生まれ。成城大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程中退。東横学園女子短期大学助教授、成城大学文芸学部教授を経て、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。日本近代文学専攻。 「魂を売り渡す」ことなく国語で点を取れるようになる、ということです。 そこで、満を持してこちらもエース投入です。著者の石原千秋は、日本近代文学研究を専門とするテクスト分析のプロフェッショナル。本書は、著者が息子の中学受験に成り行きで. 近代という教養―文学が背負った課題 (筑摩選書) 石原 近代という教養 - 石原千秋 千秋 5つ星のうち4.

近代とは何なのか。という本。近代的自我とか近代文学の話。 著者は漱石研究者、というのかな?新書とか読んだことあるかも。 この中でも漱石をひいてというのが多い。いくつか雑誌に発表済みの 文章もまとめてはいっている。. 単行本 ¥1,760. 浅田彰の還暦を記念して行われた(浅田彰は僕より2歳若いと改めて確認した)、東浩紀、千葉雅也との鼎談(ていだん)「ポスト・トゥルース.

石原 新書ブームが教養から離れていったもう一つの理由は、論じる対象としてのビッグネームがいなくなったこと。近代的思考を更新する現代的思考が出尽くして次が出てこないという状況です。. ^ 石原千秋『教養としての大学受験国語』に、「僕が大学受験をした昭和四十九年から五十年頃には、後に大学で僕自身の恩師の一人となる高田瑞穂先生の『新釈 現代文』(新塔社)という本が、大学受験国語参考書の定番だった」(8頁)とある。あるいは.

近代という教養 - 石原千秋

email: ixukyn@gmail.com - phone:(867) 632-8784 x 8416

ドキュメンタリー写真 - 長野重一 - アンソロジー 月と影の日向ぼっこ

-> 怪異馬霊教 - 香山滋
-> 進撃!戦略航空軍 遥かなる峰を越えて - 青山智樹

近代という教養 - 石原千秋 - いがわひろこ チーチでた


Sitemap 1

嘘のような恥ずかしい話スペシャル 世にも笑劇な物語編 - アンソロジー - FOURIER解析 河田竜夫